腎臓の機能の説明

腎臓の体の機能性の役割は、血液の濾過と血圧のコントロール及び、造血に関係するホルモンを作る事にあります。

また、さらに腎臓内の機能を分けていくと、尿を作ってくれる器官である腎実質と。

作られた尿が集まる腎盂に分けられます。
尿実質内では尿をつくってくれるネフロンという単位があるのですが、ネフロン自体は、腎小体と続く1本の尿細管と毛細血管事を指します。

そして、腎小体と尿細管の事を糸球体と呼ぶのですが、糸球体の中を血液が通過す際には尿細管の中に血液意外の成分が入ります。

そして、その成分が体の必要に応じて、再吸収されるのですが集められた尿は腎盂にさらに集まり、次はおしっこに備えて、尿管を行き膀胱へたどり着くのです。

そして、膀胱が一杯になれば、私達がおしっこをしたくなって、トイレに行き、不必要な水分を放出する訳でありますね。
当然、腎臓は体の生命維持に欠かせない臓器ですし、健康を保つ必要があります。

ちなみに、腎臓の位置というのは腹部であり、腸管を包み込むものと後腹膜腔にあるものの2つがあります。

大きさとしては肋骨の下ぐらいの大きさであり、形状はソラマメと言っても過言ではないぐらい同じです。

気になるようでしたら、ネット検索で腎臓の形状を見てみても良いですね。

殆どの人が「あ、ソラマメだ』」と感じる程に似ていますからね。

当然、腎臓は体の臓器であり、ソラマメとは何の関係もない事はお忘れなくです。