前立腺ガンという病気について

男性だけにある器官の1つに前立腺があります。

前立腺が位置する場所は、恥骨の裏側なのですが、形状は栗の身という感じですね。

一度ネット検索で画像を見てみましょう。

すると「栗?」と若干ではありますが、思うかもしれません。

さて、前立線にできるガンを前立腺がんと言いますが、細胞の増殖異常により引き起こされると言われています。

明確な原因は今だに解明されていませんが、骨や肺にまで転移しますので恐ろしいです。

転移というのはガン細胞はリンパ液や血液を辿り、他の器官にも居座ろうとする事を言います。

前立腺ガンの場合も同様に、リンパ球や骨や肺、肝臓に転移する訳ですが、転移した後に前立腺である事がわかったりもするらしく、定期的な検診が必要になります。

ただ、前立腺ガンは進行度合いもゆっくりであるらしく、早期発見も不可能ではないらしいですし、進行度合いが高くても適切な治療を行なえば、日常生活を送れる生活を取り戻す事も可能らしいですね。
ちなみに、前立腺がんの症状には特質的なものはありませんが、『前立腺肥大症』という病気から、判明する事もあるのだと言います。

前立腺肥大症による症状は、排尿機能の異常らしいです。

例えば、尿の切れが悪くて『もっと、おしっこ出したい』と感じたり、夜になって『おしっこしたい』と感じたりする、残尿感が主な特徴だと言います。

また、前立腺ガンが転移した際には、転移した場所による異常である、腰痛が現れる事もあるのだと言います。

最近では人間ドックにより、腫瘍マーカーも見られると言いますので、早期発見の鍵を握るのはやはり、定期的な体の検査にある言えるらしいです。