膀胱ガンの3つについて

尿を溜めると膨らみ、尿を出すと縮むという、尿を放出する際に働いてくれる膀胱ですが、膀胱にできるガンを棒抗がんと言います。

棒抗がんは大別すると3つのタイプに別れるのですが、1つは乳頭ガンという、カリフラワーを思わせる見た目である膀胱ガンです。

この膀胱ガンは得に転移などが多く見られる事も無く、その器官に居座ってくれる表在性ガンだとも言われています。

一方で、非乳頭ガンであり、見た目が先ほどの膀胱ガンとは異なりスムーズになっているガンは、転移や他の器官に進行していく可能性が高いらしいです。

そして、もう1つの上皮内ガンである膀胱ガンは、表面的にはわからずとも膀胱粘膜壁に沿って悪性な細胞が存在してしまいます。

この状態は初期状態のガンらしのですが、放置しておくとどんどん体に浸透してくらしく、注意が必要です。
紹介した3つの膀胱ガンは治療方法も異なります。

また、尿道・腎盂にもガンが存在している場合もあるらしく、注意が必要であるらしいです。

膀胱ガンは多発的に膀胱で巻き起こるとも言われており、日々の生活の中で定期的な医師の診断をすると良いでしょうね。

忙しい時間が多い時代でありますが、ガンという病気を放っておく訳にもいきませんからね。