腎臓ガンの症状について

腎臓ガンには腎盂・尿道ガンがありますが、双方共に早期発見が大切です。 腎臓ガンの症状としてあるのは、。 腰や背中・脇腹にある痛みでありますが、尿道結石と似ているだけに、痛みが強弱したり無くなったりがあるのだと言います。 …

前立腺ガンという病気について

男性だけにある器官の1つに前立腺があります。 前立腺が位置する場所は、恥骨の裏側なのですが、形状は栗の身という感じですね。 一度ネット検索で画像を見てみましょう。 すると「栗?」と若干ではありますが、思うかもしれません。…

腎臓の機能の説明

腎臓の体の機能性の役割は、血液の濾過と血圧のコントロール及び、造血に関係するホルモンを作る事にあります。 また、さらに腎臓内の機能を分けていくと、尿を作ってくれる器官である腎実質と。 作られた尿が集まる腎盂に分けられます…

腎細胞ガンは発見しずらいのです

腎細胞ガンとは、尿細管という組織の細胞がガン化・尿路という組織の細胞のガン化による病気ですが、自覚症状が少ない事に注意しなければなりません。 例えば、腫瘍が大きくなった事による血尿や腹部のしこりにより気が付く事があります…

陰茎がんの原因として考えられる事

男性の生殖器のガンを陰茎ガンと言いますが、大切な逸物を守るためにも早期発見が大切ですね。 陰茎ガンの症状には、陰茎ガンによって生じた潰瘍からの出血、鼠径部のリンパ辺りが硬くなり触れるようになるなどがあります。 ちなみに、…

腎盂と尿道ガンについて

私達は生まれた時から、尿を定期的に放出しますが、その主な経路は腎臓の腎実質というところで尿が作られて、腎盂という部位によって尿が集まり、尿管を通り排泄されてきます。 そして、私達が恐れて仕方ない難病であるガンは、これらの…

膀胱ガンの3つについて

尿を溜めると膨らみ、尿を出すと縮むという、尿を放出する際に働いてくれる膀胱ですが、膀胱にできるガンを棒抗がんと言います。 棒抗がんは大別すると3つのタイプに別れるのですが、1つは乳頭ガンという、カリフラワーを思わせる見た…

膀胱ガンの検査と症状

膀胱ガンは膀胱にできるガンの一種ですが、検査時には膀胱鏡を使って調べられます。 しかし、小さな乳頭状のがんである場合、発見が難しい場合もあり断定が困難な事もあるようですね。 一度膀胱ガンが発見される事があったのであれば、…

喫煙と膀胱がんの関係

膀胱というのは例えるならば、尿を溜める場所だと言えます。 尿を溜めるために膨らみ、尿を出すために萎んでくれます。 尿が貯まり膀胱が引き伸ばされると、私達には『尿意』として感覚を覚えて、トイレへ行き貯蔵された尿を放出します…