喫煙と膀胱がんの関係

膀胱というのは例えるならば、尿を溜める場所だと言えます。

尿を溜めるために膨らみ、尿を出すために萎んでくれます。

尿が貯まり膀胱が引き伸ばされると、私達には『尿意』として感覚を覚えて、トイレへ行き貯蔵された尿を放出します。

けれど、人体の臓器の1つである膀胱なのですから、ガンが発生する可能性があります。

さて、膀胱ガンと言っても、具体的にどのような病気であり、どのような原因で、どんな人に多く見られるのかを知ってみましょう。

そうすれば、少しでもガンに対する理解を深めて、正しい判断を持って健康な体の維持に努める事ができるかと思いますからね。
膀胱ガンとは膀胱表面の上皮(移行上皮)という組織のガン化によるものであり、組織学的に移行上皮ガンは全体の90パーセントにも及ぶのだと言います。

年齢では60歳以降の男性が多いらしく、40歳以下の人の症例は多くありません。

また、欧米の白人に多く、日本人の患者は比べれば少ないのだと言います。

だからと言って安心はしておらず、日本人はならない・・・・と言っている訳ではないのですから、安易な考えは止めて下さいね。

また、膀胱ガンは尿道ガンの一種ですが、その他の尿道ガンである腎盂ガン・尿管ガン、膀胱ガンの中でも、最も死亡例が多い事で有名であります。

膀胱ガンの原因とされるものの1つに『喫煙』があります。

男性・女性ともに喫煙者による膀胱ガンの発症例が高いという試算があり、喫煙の習慣がある人は注意したいところですね。

また、ナフチルアミン・ベンジジン・アミノビフェニル・ビルハルツ住血吸虫症という物質も関与しているらしいです。

膀胱ガンの検査と症状

膀胱ガンは膀胱にできるガンの一種ですが、検査時には膀胱鏡を使って調べられます。

しかし、小さな乳頭状のがんである場合、発見が難しい場合もあり断定が困難な事もあるようですね。

一度膀胱ガンが発見される事があったのであれば、CTや胸部X線撮影、腹部のエコー検査を行い、転移の有無を確認するようですが、乳頭タイプの膀胱ガンでは転移の可能性が低い事から、必要以上に心配は要らないのだと言います。

まあしかし、医師により診断に身を任せるべきですから、必要な検査があるのでしたら、積極的に行なう事をお勧めします。

その他、膀胱ガンが発見されたのであれば、尿管や腎盂のガンの可能性も考えた方が良いらしく、同じく医師による判断に任せて適切な検査を行なった下さい。
さて、膀胱ガンの症状としてあるのは『肉眼的に確認できる血尿』『背部の痛み』『排尿時の痛み』があるのっだと言います。

肉眼的に確認できる血尿というのは、尿を出した際に血である事を確認できる事を指します。

膀胱炎も同様に血尿の症状が見られますが、膀胱ガンでは痛みがない事が知られています。

背部の痛みというのは、水腎症による背中の痛みの事を指します。

膀胱ガンになると尿管口をガンが圧迫、膀胱に尿が到達しない事から尿の行き場所がない事によって起きる異常です。

初期の状態のこの異常が現れる事はないようなのですが、覚えておいても損はないでしょう。

排尿時の痛みというのは、膀胱炎と類似して痛みを伴いますが、抗生剤の投与でも痛みが無くならない特徴があるらしいです。

なので、膀胱炎との区別を付けるために、抗生剤の薬を服用して膀胱ガンの可能性を判断してみても良いかと思いますよ。

膀胱ガンの3つについて

尿を溜めると膨らみ、尿を出すと縮むという、尿を放出する際に働いてくれる膀胱ですが、膀胱にできるガンを棒抗がんと言います。

棒抗がんは大別すると3つのタイプに別れるのですが、1つは乳頭ガンという、カリフラワーを思わせる見た目である膀胱ガンです。

この膀胱ガンは得に転移などが多く見られる事も無く、その器官に居座ってくれる表在性ガンだとも言われています。

一方で、非乳頭ガンであり、見た目が先ほどの膀胱ガンとは異なりスムーズになっているガンは、転移や他の器官に進行していく可能性が高いらしいです。

そして、もう1つの上皮内ガンである膀胱ガンは、表面的にはわからずとも膀胱粘膜壁に沿って悪性な細胞が存在してしまいます。

この状態は初期状態のガンらしのですが、放置しておくとどんどん体に浸透してくらしく、注意が必要です。
紹介した3つの膀胱ガンは治療方法も異なります。

また、尿道・腎盂にもガンが存在している場合もあるらしく、注意が必要であるらしいです。

膀胱ガンは多発的に膀胱で巻き起こるとも言われており、日々の生活の中で定期的な医師の診断をすると良いでしょうね。

忙しい時間が多い時代でありますが、ガンという病気を放っておく訳にもいきませんからね。

腎盂と尿道ガンについて

私達は生まれた時から、尿を定期的に放出しますが、その主な経路は腎臓の腎実質というところで尿が作られて、腎盂という部位によって尿が集まり、尿管を通り排泄されてきます。

そして、私達が恐れて仕方ない難病であるガンは、これらの器官にもできてしまいます。

まず、腎盂と尿管にできるガンを『腎盂・尿道ガン』と言われて、グループが統一されています。

統一されている理由は、治療方法に差がないからです。

腎盂ガンと尿道ガンは、必ずしも片方だけが現れるとも限らずに、腎盂と尿道両方にできる場合もありますし、片方にだけの場合もあるようです。

腎盂ガンから尿道ガンの発生、または尿道ガンから腎盂ガンの発生というパターンもあり、さらに膀胱にもガン発生する可能性のある、なんとも恐ろしい病気です。

その確立も治療後の30から50パーセント近くというのですから、治療を終えた後でも定期的な検診が必要になると言えますね。
そして、腎盂から尿管、膀胱に繋がる尿路には尿路上皮という粘膜により成り立っているのですが、そこにもガンは発生します。

そのガンの名称を尿路上皮ガンというのですが、尿路・尿道ガンの殆どは、この尿路上皮ガンになるようです。

つまり、腎盂・尿道ガンの中で最も多い病気が尿路上皮ガンという訳ですね。

ちなみに、腎臓にできるガンには腎臓ガンもありますが、先ほどの腎盂・尿道ガンとは別のグループとして解釈されているようです。

ガンという病気は色んな体の部位にできます。

ガンを表現する際には、DNAのエラーにより起きるなどと言われていますが、ガンを患った以上は治療に専念する事だけを考えるようにして下さいね。

腎臓ガンの症状について

腎臓ガンには腎盂・尿道ガンがありますが、双方共に早期発見が大切です。

腎臓ガンの症状としてあるのは、。

腰や背中・脇腹にある痛みでありますが、尿道結石と似ているだけに、痛みが強弱したり無くなったりがあるのだと言います。

また、排尿痛というおしっこ時の痛みや頻尿という、尿の出が悪い症状が見られる可能性もあるらしいです。

恐ろしい話しですが、ガンによって尿道がふさがってしまうのですが、その結果腎臓の中に水が溜まる事もあるそうです。

その症状を水腎症というのですが、長く放置していると腎臓の機能自体が消えてしまうそうです。

腎層自体は体内に2つ容易されておりますので、一方が無くなっても完全に腎臓の機能が喪失する訳ではないので、尿が出る機能の損失や体のむくみ症状はあまり見られないようですけどね。

医師による検査では超音波検査が行なわれます。

自覚症状の少ない腎臓ガンですが、この超音波検査によって発見されるケースも増えているのだとか言います。

ただ、症状が現れて検査した結果腎臓ガンというケースも当然あります。

先ほど説明した腎臓の機能障害による症状がそれですね。

命に関わるガンという病気であるだけに、普段から体の変調には注意深く配慮をして下さいね。

前立腺ガンという病気について

男性だけにある器官の1つに前立腺があります。

前立腺が位置する場所は、恥骨の裏側なのですが、形状は栗の身という感じですね。

一度ネット検索で画像を見てみましょう。

すると「栗?」と若干ではありますが、思うかもしれません。

さて、前立線にできるガンを前立腺がんと言いますが、細胞の増殖異常により引き起こされると言われています。

明確な原因は今だに解明されていませんが、骨や肺にまで転移しますので恐ろしいです。

転移というのはガン細胞はリンパ液や血液を辿り、他の器官にも居座ろうとする事を言います。

前立腺ガンの場合も同様に、リンパ球や骨や肺、肝臓に転移する訳ですが、転移した後に前立腺である事がわかったりもするらしく、定期的な検診が必要になります。

ただ、前立腺ガンは進行度合いもゆっくりであるらしく、早期発見も不可能ではないらしいですし、進行度合いが高くても適切な治療を行なえば、日常生活を送れる生活を取り戻す事も可能らしいですね。
ちなみに、前立腺がんの症状には特質的なものはありませんが、『前立腺肥大症』という病気から、判明する事もあるのだと言います。

前立腺肥大症による症状は、排尿機能の異常らしいです。

例えば、尿の切れが悪くて『もっと、おしっこ出したい』と感じたり、夜になって『おしっこしたい』と感じたりする、残尿感が主な特徴だと言います。

また、前立腺ガンが転移した際には、転移した場所による異常である、腰痛が現れる事もあるのだと言います。

最近では人間ドックにより、腫瘍マーカーも見られると言いますので、早期発見の鍵を握るのはやはり、定期的な体の検査にある言えるらしいです。

腎細胞ガンは発見しずらいのです

腎細胞ガンとは、尿細管という組織の細胞がガン化・尿路という組織の細胞のガン化による病気ですが、自覚症状が少ない事に注意しなければなりません。

例えば、腫瘍が大きくなった事による血尿や腹部のしこりにより気が付く事があります。

けれど、残念な事に稀なケースである事も異なまず、特徴的な症状が殆どない病気だと言っても過言ではないそうです。

腎細胞ガンの発見は、医師による定期的な検診などから発見できるのですが、そのキッカケも他の病気での検査中においての思わぬ発見に寄るモノもあるのだそうです。

つまり、発見が遅れて手遅れまで放置してしまう可能性が高い病気であり、ガン自体恐ろしいですが、恐ろしいガンの一種だと言っても良いのです。
そして、腎細胞ガンは、腎細胞ガン腎盂ガンが主流であり。

発症者は成人者が多いです。

腎細胞がんと腎盂ガンでは、同じ腎細胞ガンでも発祥した部位によって異なるために、区別できます。

症状や治療法も当然異なり、統一して考えずに、各々の知識を深めていく事が大切だと言えますね。

腎細胞ガンが転移していけば、大変な事になりますが、その際の症状は食欲不振、体重減少、貧血、発熱などのように、全身的に変化は現れてきます。

その他、他の臓器による転移もあり、異常があるから検診した結果、その臓器による異常が腎細胞に寄るものだと判明する事もあるのだとかです。
とにかく、自覚症状が少なく発見が難しいという事がこの記事で読み取れたかと思いま。

健康を維持して生命維持に努めるためには、早期発見でありますが、容易な事でもないだけに医療技術が今よりもっと進歩していって欲しいですね。

腎臓の機能の説明

腎臓の体の機能性の役割は、血液の濾過と血圧のコントロール及び、造血に関係するホルモンを作る事にあります。

また、さらに腎臓内の機能を分けていくと、尿を作ってくれる器官である腎実質と。

作られた尿が集まる腎盂に分けられます。
尿実質内では尿をつくってくれるネフロンという単位があるのですが、ネフロン自体は、腎小体と続く1本の尿細管と毛細血管事を指します。

そして、腎小体と尿細管の事を糸球体と呼ぶのですが、糸球体の中を血液が通過す際には尿細管の中に血液意外の成分が入ります。

そして、その成分が体の必要に応じて、再吸収されるのですが集められた尿は腎盂にさらに集まり、次はおしっこに備えて、尿管を行き膀胱へたどり着くのです。

そして、膀胱が一杯になれば、私達がおしっこをしたくなって、トイレに行き、不必要な水分を放出する訳でありますね。
当然、腎臓は体の生命維持に欠かせない臓器ですし、健康を保つ必要があります。

ちなみに、腎臓の位置というのは腹部であり、腸管を包み込むものと後腹膜腔にあるものの2つがあります。

大きさとしては肋骨の下ぐらいの大きさであり、形状はソラマメと言っても過言ではないぐらい同じです。

気になるようでしたら、ネット検索で腎臓の形状を見てみても良いですね。

殆どの人が「あ、ソラマメだ』」と感じる程に似ていますからね。

当然、腎臓は体の臓器であり、ソラマメとは何の関係もない事はお忘れなくです。

陰茎がんの原因として考えられる事

男性の生殖器のガンを陰茎ガンと言いますが、大切な逸物を守るためにも早期発見が大切ですね。

陰茎ガンの症状には、陰茎ガンによって生じた潰瘍からの出血、鼠径部のリンパ辺りが硬くなり触れるようになるなどがあります。

ちなみに、陰茎ガンは足の大腿のつけ根のリンパ球に転移しやすいという特質があるから、硬くなります。
陰茎ガンは、10万人当たりの死亡率も決して高い訳ではない病気です。

ただ。

60歳から80歳の年齢のお方に多いと言いますから、該当する年齢のお方は注意が必要であります。

日本では欧米と比較した場合、発症者は決して高くもないのですが、可能性の問題は差し引き、病気の疑いを持つ事は大切なので覚えておいて下さい。
また、陰毛ガンでは包茎の皮を切除する地域などでは、発症率が低いといわれています。

それにより陰茎の不衛生から発祥するとも言われており、また性感染症との関連性も考えられているようですね。

セフレなどを持っており、多くの女性とセックスする機会がある人は、性病感染になる確立も上がるので陰茎ガンの知識は得に身に付けておく必要があるでしょうね。

また、陰茎ガンを持つ夫を持つ女性の子宮頸がんのリスクも高まるらしいです。

これは、ヒトパピローマウイルスというパピローマウイルス科に属するウイルスが関係しているらしいです。

その他、紫外線も陰茎ガンのリスクを高めてしまうと言います。

陰茎ガンの原因を対処する習慣を持つ事は大切ですが、結局のところ確信的な事がいえないのであれば検査が物をいうのだと言えますね。

不景気な時代ですが、休日や有給を使って、自分の体の事を知るのも賢い生き方だと私は思います。